2017,03,20


「朝から晩までホントよく働くねぇ」

と言われることが多いが、

いやいや、

ホントよく働いていない。

もちろん働いてはいるが、

「よく」働いているかと言うと

改めてキチンと考える必要がある。

理由は2つ。

1つは、

時間をかけることが仕事の質と

必ずしもイコールではないこと。

時間対効果がどうなのか、

しっかりと精査する必要がある。

コストパフォーマンスと同じ。

もう1つの理由は、

そもそも働いているという感覚が

あまりないということ。

好きなことをしている。

コーヒー豆を焙煎すること

コーヒーを淹れること

サービスを提供すること

お客様とお話しすること。

全部好きなこと。

だからオンオフの境目があまりない。

「朝から晩までホントよく働くねぇ」

「朝から晩までホント好きなことやってるねぇ」

と置き換えてもらえると嬉しい。

時間対効果をあげると、

もっともっと好きなことを

たくさん出来る様になるし、

好きなことをたくさんすれば

周りも巻き込んでどんどん

楽しくなっていきますね。

だから明日も明後日もその次の日も

コーヒーを焼いて、

コーヒーを淹れていきます。

Comments are closed.