2015,09,30

Pocket

12046702_673496799452273_7010740495364174744_n

12049387_673496769452276_1662448596150198480_n

12072812_673496762785610_4713279321960755605_n

東京出張研修1日目が終了しました。

1日目は主にSCAJ2015に参加し、

スペシャルティーコーヒーの

「今」と「未来」を体感してきました。

お取引業者様へのご挨拶や知人友人との会話、

新商品の視察などなど充実した時間を

過ごしましたが、今回意識的に多く参加したのは、

「パブリックカッピング」です。

カッピングとは、簡単に言えば

コーヒーのクオリティチェック。

生豆の品質、焙煎のクオリティを

チェックする為には必須の検証です。

同じコーヒーの量、同じお湯の量、

同じ浸漬時間、同じ環境下で

異なる国や異なる品種や異なる焙煎度の豆の

味を確認する方法です。

抽出環境は同じでフィルターを介さず

ダイレクトに味が出るので焙煎豆の特徴が

良くも悪くも全て出ます。

スペシャルティーコーヒーは、

いかにクリーンが、いかにスウィートネスか

という事が評価の対象なので、

果実感をしっかりと感じられる様に

極端に深煎りの豆はありません。

今回、アフリカを中心に様々な豆を

カップしましたが、フルーティで甘い豆を

たくさん体験出来、ぜひお客様にも

コーヒーの果実感を感じて頂きたいと

思いました。

まだまだスペシャルティーコーヒーの

認知はこれからなので、我々も色々な方法で

これらを広めていければと思います。

明日は東京のお店をたくさん巡る予定です。

金髪メガネが来たらどうぞみなさま

よろしくお願いします。

Comments are closed.